ずいうんセレクション 数ある瑞雲の商品の中でも、スタッフが特にお勧めするこだわりの商品をご覧ください。

いろいろ手作りしてみよう
鮭をさばいてみよう
鮭をさばいてみよう
故郷の川へ帰ってくる、秋の魚
日本で獲れるサケには、シロザケ、ベニザケ、マスノスケ、ギンザケの4種類があり、9〜10月に獲れるものを「秋サケ」と呼びます。また産地では秋の味覚という意味で「秋味(アキアジ)」と呼ばれています。

サケは良質なタンパク質、脂質のほか、ビタミンB1、B2や、魚には珍しいビタミンA、Dがバランスよく含まれています。 またサケは捨てるところが無いと言われ、頭、アラなども食用となります。一方イクラは、この秋サケのものが最高級と言われています。 さぁ、サケ1尾まるごと、さばいてみましょう!

【鮭メス編】
鮭メス編 写真
1.先ず、肛門からエラへと腹を切ります。

鮭メス編 写真
2.腹を開き、筋子と内臓を取り出します。


鮭メス編 写真
3.取り出された生筋子。ザルへ避けておきましょう。

鮭メス編 写真
4.エラから包丁を入れ、頭を切り落とします。切り落とした頭や途中で出るアラは捨てないで残しておきます。


鮭メス編 写真
5.開いた腹を流水で、洗い流します。

鮭メス編 写真
6.尾びれの付根に、中骨まで包丁を入れます。


鮭メス編 写真
7.肛門から尾びれへと切ります。

鮭メス編 写真
8.背から.中骨の上に沿って包丁を入れ、切り離します。


鮭メス編 写真
9.尾とヒレの部分を切り落とします。

鮭メス編 写真
10.頭から尾へと中骨をはずすように包丁を入れます。


鮭メス編 写真
11.背の骨の部分を切り離します。

鮭メス編 写真
12.腹の骨の部分を切り離します。


鮭メス編 写真
13.用途を考え、斜めに包丁を入れ、切り身にします。すぐ調理しないものは、1枚ずつラップで包み冷凍します。


【鮭のアラも大切な食材です。】
イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
1.頭は鼻先の中心から包丁を入れます。

イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
2.エラなどを取り除き、半分に切り離します。


イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
3.残ったアラは細かく切り分けます。このアラは、石狩鍋や三平汁などの料理に欠かせない食材です。


【イクラの醤油漬けを作ってみよう!】
市販のものとは一味ちがう、我が家の味を楽しもう。
イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
1.鮭から取り出した生筋子。

イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
2.ボールに40〜50℃位のお湯と食塩を入れます。塩加減はなめると塩辛い位。その中に生筋子を入れます。


イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
3.生筋子をお湯の中でもみほぐします。ほぐれると最後にカスが残るので、捨てます。

イクラの醤油漬けを作ってみよう! 写真
4.湯を捨て、きれいな水を何度か入れ替え、浮いてくるカスを洗い流します。ある程度流せたらザルで水を切ります。
醤油と酒(醤油だけでも十分美味)、お好みでみりんやだし汁を加え、一晩冷蔵庫で漬けこめば、おいしいイクラの醤油漬けのできあがり!あったかいご飯にのせて、贅沢イクラ丼をお楽しみください。



買い物かごを確認
ブログ
  • バナー1
  • バナー2
  • バナー3
新鮮な野菜を詰合せして定期的にお届け!
 瑞雲の野菜セット